粗大ごみの処理をもっと便利に。

粗大ごもは、毎日出る物ではないので、いざ、処理しなければならない状態になると迷ってしまったり、後回しにして、家の物置などにしまいこみがちである。電気製品の壊れた物で中途半端な大きさの物は、新品を購入した際に引き取りがない場合が多く、個人の処理に任せられる。布団や燃やせない家具類などもそうである。市町村のごみ処理に合わせて、処理の方法が明記されてるので、それに従って、持ち込み場所に持っていけばよいのだが、遠かったり、行き慣れていなかったりで、これが、なかなかスムーズにいかないのが現状である。共働きで時間が取れない、運転できる者がいない、高齢や病気で運べないなど、様々な理由があります。引っ越しや季節変わり、部屋の模様替え時など、ときどき出るものですが、機会を逃すとどんどんたまっていき、無駄に場所を占めて困ってしまいます。粗大ごみを出せるゴミステーションを近くに設置したり、取りに来てもらえたりできるシステムがあると、助かる人も多いと思います。

粗大ごみはしっかりと連絡を

普通のごみですと、基本的には決められた曜日の時に捨てればいいんじゃないかなと思いますが、それが粗大ごみですと当てはまらないというのがどこの場所でも同じなんじゃないかなと思います。また、先ずは市などに連絡を送り、其処からそれを示すようなシールを張ってゴミ捨て場に置くというのが一般的なようです。また、捨てるときには法律なども変わってきたので、持って行ってもらうための料金を払うという事にもなっているはずです。不法投棄が以前少し問題になった事を覚えている人もいるかもしれませんが、其れの対策として行われるようになりました。しっかりとルールを守って行う事がとても大事な事なのかもしれません。これから粗大ごみを捨てることを考えている人は、先ずどのような方法で行うかを知っておくと便利なんじゃないかなと思います。

粗大ごみを出す際の申し込み方や定義の違い

粗大ごみを出すとき、多くは事前に電話をして引き取ってもらうことになっています。またインターネットでも事前の申し込みができるようです。ところで出し方の過程を見ていると住んでいる市町村によっていくつが違いがみられることがあります。たとえば手数料の納め方についてですが、手数料を納める際にコンビニや金融機関で支払う形態をとっているところもあれば、券を購入してそれを出すゴミに貼るという形態をとっているところもあります。また大きさについても違いがあり一辺の大きさが30センチメートルを超えるものを指すところもあれば90センチメートル以上のものを指す場合もあります。またゴミを小さくするために解体しても粗大ごみとみなされるところもあります。このように住んでいる地域によって申し込みの仕方や定義などが違っていることがあります。違いを見るのも面白いのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*